とらのアレンジ手法について

CATEGORY: Q&A  2/17

指標が絡む時のトレード

27日のトレード
指標が絡んでやりにくくなかったですか?
というご質問を頂きました。

あなたはどうでしたか?


とらはスプレッドが
大きく開いて
期待値が薄いなら
入らないようにしています。


例えば、米GDPのような
重要指標が発表された
場面がありました。

日本時間の
22時30分ですね。


こういうときは、
急騰、急落をしたり
スプレッドがやけに開いたりするので
注意が必要です。


不安であれば、
重要指標の前後30分間は
トレードをやめてしまう。


ポジションを持っていたら、
クローズしておくのが
いいかなって思います。


トレード前に
指標を確認しておくと
準備万端ですよ。
経済指標 週間予測カレンダー


ビックリマークがあるのが重要指標です。


参考にしてみてくださいね。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  •  0
  •  0

スピード・スイングについてご質問をいただきました。

スピード・スイングについて
ご質問頂きました。(^^)

**************************************************
とらさん、こんにちわ。

スピードスイングについて質問させていただきたいのですが
スキャルやデイトレは負けの分もしっかり記載されているので分かりやすいのですが
スピードスイングは勝っている分だけなので負けを含めた勝率を知りたいと思っております。
また、スイングだけにボラが少ない時期はエントリーしても勝てないのでしょうか?
宜しくお願い致します。
**************************************************


そうですね。^^;

ボラが少ないからと言って
勝てないというわけではないですが、
スイスイ動いていくれない分
利確まで時間がかかることがあります。


速いときは、1日ほどで
利確することもできますが、
ボラが少ないと4,5日保有
することもでてきます。



また当然負けトレードもあって、
それを含めても
勝率は6割以上はあります。


ストップとリミットが
同じ幅の手法なら
勝利を重視する必要がありますが、


とらは勝率よりも
利益期待値の高い手法
損小利大を重視しています。
(ストップ値<<リミット値)



以上、よろしくお願いします。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  •  0
  •  0

スピード・スイング追加のご質問

スピード・スイングについて
追加のご質問がありましたので、
共有させていただきます。(^^)

**************************************************
1.一つの通貨ペアに注目した場合、その組合せにもよると
思いますが、どの程度のトレード機会に恵まれるでしょうか。
一つ事例として紹介いただけないでしょうか。
**************************************************



感覚的で申し訳ないんですが
1つの通貨ペアにつき、
チャンスは週に1回ある程度です。


スイングトレードになるので、
毎日がチャンスという訳にはいきませんが、
その分トレードできそうなポイントがないか
1日1回のチェックで済んでいます。


**************************************************
2.また、12/5の記事で、
>限定的に下げ止まったあたりから、
>レンジ傾向でしたが、
>サインは出ていたので、
>待機しておきました。(^^)
これは、MT4のインジケーターで売買サイン(矢印?)が
表示されるという意味でしょうか。
また、そういったツールを提供いただけるのでしょうか。
**************************************************


「矢印」ではありませんが、
売買ポイントが視覚的に分かる
インジケーターが付属します。


なので、そのインジを見ていれば、
「あぁ、ここが売買ポイントになるな」
という情報はすぐにチャート上で分かるもの
となっています。


PCではなく、スマートフォンで
トレードされる方は、

「Trade Interceptor」

というアプリがあります。


そちらを使えば、問題なく
売買ポイントが分かります。


以上、よろしくお願いします。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  •  0
  •  0

スピード・スイングについてご質問をいただきました。

とらのスピード・スイングについて
ご質問をいただきましたので、
共有させていただきます。(^^)

**************************************************
スピードスイングについて質問がございます

>とらの特典では、
>みんなが意識している高値安値を
>機械的に判別するインジケーターを導入し、
>エントリーから損切り、利益確定まで、
>裁量を入れない方法にしました


↑ このような説明になっていますが、高安判断するインジが必要とのことなので
スマホ監視では対応できないのでしょうか?
MT4ありきの手法なのですね?

主婦と子育て、仕事と忙しい日々をおくっていますので、PCにはりついていることがしんどい状況です スマホとPCの監視でトレードできたらいいなと思っています

イフダンOCOで完結できるという部分も魅力的で、とらのすけさんの手法に興味があります
本当であれば、単一時間でできればいいですが、そもそもチャンスがあるものでもないと思うし、マルチタイムフレームもさほどしんどいものではないだろうな?と勝手に思っています

また、この特典はサイン系のプレゼントということでしょうか?
理論等の説明はございますか?

サインだけではなく、なぜそうなの?という部分をしりたいなと思いました

よろしくおねがいします
**************************************************


ご質問ありがとうございます。(^^)

スマホで監視する場合は、
「Trade Interceptor」という
MT4顔負けの優秀な
チャートアプリ(無料)があります。

iphone版はコチラ

android版はコチラ


こちらのアプリを使っていただければ、
スマホでもばっちりサインを
確認することができます。


英語のソフトですが、
解説サイトもありますし、
サインとチャートの確認だけですので、
特に困ることはないと思います。


マルチタイムで見るべきポイントは
いたってシンプルですので、
特に分析に時間を
要するものでもないです。


それと、特典は
サイン系のツールではありません。


PCならMT4を使って、
スマホなら前述のTrade Interceptorを使って
自分でサインを確認してトレードします。


確認の頻度は、とらは1日1回です。


売買サインが出るポイントや
損切、利確ポイントの説明は
チャート図を使った解説がありますが、
細かい理論の説明はありません。


そこは本編のトレンドハックFXを
読んでもらえれば
なぜそこを売買ポイントにしたのか
分かってもらえると思います。(^^)

よろしくお願いします。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  •  0
  •  0

年末プレゼントパック

今年も残すところ
約1週間ですね~。


ブログが継続できているのも
読者様と実践者様の
応援・ご質問があってこそ!


とらも刺激を受けています。m(__)m


心ばかりのものですが
とらのブログから
何れか教材を購入いただいた方に
年末だけの特典を
ご用意いたしました。




よく実践者様との間で
スキャルをするにしても

「長期足を見れば
 もっと効率良く稼げるのでは?」

というご質問を
頂いたことがあり
それについて
まとめたレポートです。


・長期足の見方
・目線の選定
・ラインの引き方


例えば、スキャルなら
買い目線なのか
売り目線なのか
方向を絞りやすくなります。


勝ちやすい相場だけ
トレードするには


ラインの引き方1つで
どこで値が反発しやすいのか
どこまで利が伸びそうなのか
トレンドの境目が
把握しやすくなります。


ちょっと難しく書いてしまいましたが、
初心者の方でも簡単に
長期足の見方が分かるように
シンプルで明瞭にしました。


チャートを読むテクニックを磨いて、
今の相場はどちらに向かっているのか
どこまで向かうのか把握して
有利にトレードをすすめてください。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

  •  0
  •  0
Copyright © スキャルピング虎の穴 スキャルピングFXプロ、FXスキャルマスターの検証 All Rights Reserved.