10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

とらのエントリー方法

とらのアレンジ手法について

売買判断はシンプルであるということ

スキャルピング
 無裁量、損小暴利の短期トレード。
 1分足スキャルピング

 1分足ブレイクアウト

スイングトレード
 1日5分。たった2つの条件を確認したあと
 予約注文、利益確定注文を入れて待つだけ長期トレード。
 とらのスピード・スイング

 スピード・スイングの特徴

トレンドのおさらい トレードしていい時、ダメな時 

ここ最近はトレード結果ばかりでしたので
一度「トレンドの把握の仕方」というのを
おさらいしたいと思います。


まずは過去の記事でおさらい。
いわゆるダウ理論を使った
トレンドの把握の仕方です。


単一時間足のトレンド


上昇トレンドというのは
高値と安値が切りあがること。


さっきの例ですと
AからCにかけて安値が切り上がり
BからDにかけて高値が切り上がっている状態です。

この「N字の形状」が
継続する限りは上昇トレンド。


そしてトレンドが終了というのが
C(押し目)を下に割る時。


トレンドが崩れ、上昇トレンド終了
というのが一連の流れです。


でもいつもそんな風に
相場はきれいな状態ではないですね。(^^;

安値は切り上がっているけれど
高値は切り下がっている。


旗みたいでペナント
なんて言ったりしますが
一種のレンジ状態ですよね。


こういう時は
方向感がない状態で
トレードしてはいけない時。


じゃ、いつトレードしても
いい状態になるのか。


というのが、
ペナントの形状を
突き破った動きが確認できる時
です。

無題

この図でいうと
赤〇のポイントが確認できたとき。


トレンドは上って
分かるわけですね。

そのあとトレンドの
押し目まで引き付けて
トレードしていく
というのがセオリーです。


どの時間軸でも
通用する考え方です。

方向感がないときに
慌ててトレードしていなかったか
ちょっと確認してみてください。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://toranosukefx.blog59.fc2.com/tb.php/3133-4198fe96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top