ブログで扱うアレンジ手法について

スイングとスキャルのロット数について

読者の方からロットに関する
ご質問を頂きましたので
お答えしたいと思います。(^^)

**************************************************
毎週、見事なトレードで素晴らしいです。
スピードスイングとスキャルのアレンジ手法とでは、ロットの大きさは変えてますか?とらの介さんのスイングとスキャルにおけるロットの考えを知りたいです。記事にしてくれると嬉しいです。
**************************************************


さすがにスキャルピングのロットは
毎度変えていると大変なのと
損切り幅は小さめですので
ほぼ固定でやっています。


対してスイングは
その半分以下ですね。


スイングのロットを小さくする理由は
損失額のリスクを減らすためです。


狙う利幅が大きいぶん
損切り幅もスキャルに比べると
やや大きめですので
ロットを小さくすることで
額を抑えることができます。



ロットの決め方は
かなり一般的ですが
損失額 ÷ 損失pips で
ロットを決めることができます。


1トレードの損失額を
例えば1万円として

20pips損切り幅だとすると
クロス円で0.2円。

10,000 ÷ 0.2 =50,000通貨


この辺はポジションサイズを
計算してくれるアプリもありますので
興味があれば検索してみると
いいと思います。


最初こういう計算は
面倒に感じましたが・・・

慣れてくると
損切り幅が分かれば
大体何ロットでエントリーしたらいいか
分かってくるようになってきます。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

COMMENT 2

読者です。  2017, 09. 12 [Tue] 10:59

とらの介さん、こんにちは! 
記事ありがとうございます。なるほど参考になります。
でも自分は、とらの介さんはスイングのほうがロットが大きいと思ってました。スイングはトレード回数が少ないし、とらの介さんのスピードスイングは損切りが大きくても30pipsで収まるし、利益は100pips以上になるし、手法がしっかりしてるので大きなロットでも安定してトレードできると思ったのです。
意外でしたが、トレードで成功されているとらの介さんの貴重な考えを伺えて良かったです。あらためていいブログだと思いました。
ありがとうございます。感謝します。

編集 | 返信 |  | 

とらの介  2017, 09. 14 [Thu] 17:28

Re: タイトルなし

いえいえ。
ご質問ありがとうございました。(^^)

いい意味で期待した回答で
なかったなら良かったですが
また記事にしてほしい内容があったら
よろしくお願いします。m(_ _)m

編集 | 返信 |  | 

LEAVE A COMMENT

Copyright © スキャルピング虎の穴 スキャルピングFXプロ、FXスキャルマスターの検証 All Rights Reserved.