10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

とらのエントリー方法

とらのアレンジ手法について

売買判断はシンプルであるということ

スキャルピング
 無裁量、損小暴利の短期トレード。
 1分足スキャルピング

 1分足ブレイクアウト

スイングトレード
 1日5分。たった2つの条件を確認したあと
 予約注文、利益確定注文を入れて待つだけ長期トレード。
 とらのスピード・スイング

 スピード・スイングの特徴

野沢温泉 13の外湯をまわる 

久しぶりに泊まりで
野沢グランドホテルで予約を取って
そこに車を停めて
13の外湯をまわりました。


真湯
nozawa1301.jpg

nozawa1302.jpg

野沢温泉の中でもオススメとされる
泉質が一番と評判の真湯。

第一印象は、え~ぬるっ。
という感じ。

4月は雪解けの時期で
相当ぬるくなっているようだ。
DSC03844_1704.jpg

体感で40℃くらいか。

30分くらい入っていても
平気そうだ。(^^)

でもクソ熱いと聞いていただけに、
ある意味入りやすい温度で
ラッキーか!?



泉質は単純硫黄泉。
薄白濁の湯に
黒い湯の花が大量に舞っている。

そして硫黄臭。

あぁ~来てよかったぁ。


麻釜の湯
nozawa1303.jpg

誰もいない。静かな佇まい。
お湯は凄まじい熱さ。
足を入れてみたが、瞬殺。

加水して入るのだろうが
それは不本意なので、
敢えなく断念。

nozawa1304.jpg

滝の湯
nozawa1306.jpg

エメラルドグリーンの湯が特徴なんですよ~
と地元の方が教えてくれた滝の湯。

同じ野沢温泉でも
特徴が違うのもあるというのも
おもしろい。

先客が加水していたためか、
なんとか入れた。
それでも体感44℃位はあるだろう。

nozawa1305.jpg

川原湯
nozawa1307.jpg

nozawa1308.jpg

十王堂の湯
nozawa1310.jpg

nozawa1309.jpg

松葉の湯
nozawa1312.jpg

nozawa1311.jpg

滝の湯
nozawa1313.jpg

nozawa1314.jpg


横落の湯
横落の湯

複数人いたため、写真不可。

中尾の湯
nozawa1315.jpg

熱湯とぬるゆがあって、
ぬるゆはだいぶ入りやすい
温度になっていた。

白い湯の花が舞って
スーッと心地いい硫黄の香り

あー長いこと入っていたいけど
残りの湯めぐりもしなきゃなと
後ろ髪引かれる思いであとにする。

nozawa1316.jpg

神寺湯
nozawa1318.jpg

nozawa1317.jpg

熊の手洗湯
nozawa1319.jpg

熊の手洗湯は、
野沢温泉の中でも唯一?
入りやすい温度ということで
楽しみにしていました。

ぬるゆと熱湯があり
ぬるゆは確かに全然入りやすい。

3本の管があり、2本からぬるゆ、
1本から熱湯が投入されて
体感で41℃くらい。
随分ぬるく感じた。


が、熱湯は普通に熱い。
いや普通じゃない激熱だった。
アレっ?


nozawa1320.jpg

秋葉の湯
nozawa1321.jpg

大湯
大湯

複数人いたため、
写真は撮れませんでしたが、
ぬるゆと熱湯が並んでいた。

とらが「あつ~」と言っていると
熱湯側にいた地元の方が、
「水をドバーッと出せばいいよ!」
と教えてくれた。


源泉に水をドバドバ加えるのは
本心ではないが、
いかんせん死ぬ程の熱湯。


水をドバーッと出しているところから
そっと足を忍ばすように入るのが
コツのようです。

そして入ったらバタバタ動かない。
と、観光客のとらにも
丁寧に教えてくださりました。(^^)


熱湯も入ってみるもんなら入ってみ。
と言われたので、ナニクソと思って入ってみたら
意外とぬる湯とそんなに温度が変わらない。(笑)


結局外湯で入ったのは5つ。
真湯、大湯、中尾の湯、
熊の手洗湯、滝の湯だった。

どれも先客がいたので
加水していたから入れたのだろう。

それでも膝下はもうピリピリで
軽い火傷状態。

たぶん草津温泉より熱い。
恐るべし野沢。



あと歩いていて思ったのが、
上がり下がりの激しい温泉街で
急な坂が多く
車の通りもそこそこ。

ベビーカーを押して歩く方や
足腰の弱い方は
ちょっぴり気合が必要。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

雑記  /  tb: 0  /  cm: 0

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://toranosukefx.blog59.fc2.com/tb.php/3104-31f2ba81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top