とらのアレンジ手法について

指標が絡む時のトレード

27日のトレード
指標が絡んでやりにくくなかったですか?
というご質問を頂きました。

あなたはどうでしたか?


とらはスプレッドが
大きく開いて
期待値が薄いなら
入らないようにしています。


例えば、米GDPのような
重要指標が発表された
場面がありました。

日本時間の
22時30分ですね。


こういうときは、
急騰、急落をしたり
スプレッドがやけに開いたりするので
注意が必要です。


不安であれば、
重要指標の前後30分間は
トレードをやめてしまう。


ポジションを持っていたら、
クローズしておくのが
いいかなって思います。


トレード前に
指標を確認しておくと
準備万端ですよ。
経済指標 週間予測カレンダー


ビックリマークがあるのが重要指標です。


参考にしてみてくださいね。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT

Copyright © スキャルピング虎の穴 スキャルピングFXプロ、FXスキャルマスターの検証 All Rights Reserved.