とらのアレンジ手法について

損切りの基準持っていますか?

損切り設定していても
なんだかんだ守れない方は
多いようです。


って、とらも昔は
例外じゃありませんでした。


損切りしたら、
スッと戻して、
結局利益になっていた
ってことがよくありましたからね。



で、そういうときに
少し見直ししたのが
損切りポイントだったんですね。


トレードを始めた頃は
とにかく自分が
エントリーしたポイントから
○pips逆行したら損切り。


というやり方をしていました。


でも、そうではなくて
自分が基準としているラインを
割ったら損切り。


つまりトレンドが崩れたら
損切りする。


と言うような考え方を
する方にした方が
いいですよね。


○pips逆行したら損切りだと、
トレンドがまだ継続している
にも関わらず損切りしてしまう
ことがあります。


対して、
自分が基準とする
損切りラインがあれば、
ここを突破したら
トレンドが崩れる。


トレンドが継続する限り保有
トレンドが崩れたら損切り。


というトレンドの基準が
しっかりできていますよね。


そういうトレンドに合わせた
損切りラインを定義しておくことが
重要ですね。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT

Copyright © スキャルピング虎の穴 スキャルピングFXプロ、FXスキャルマスターの検証 All Rights Reserved.