ブログで扱うアレンジ手法について

何を見て買い(売り)だと思ったのか?

ずーっと昔の話ですけど、
とらは以前ローソク足がボリンジャーバンドの
+2σにタッチしたら売り、
-2σにタッチしたら買い
という逆張りをしていたことがあります。


なにせそのときは、
ローソク足がその±2σ以内に
96%かなんかの確率で収まるから、
はみ出したら逆張りで売買すれば、
戻るという発想でした。


でもこれ違うんですね。


ボリンジャーバンドが
ローソク足の動きに合わせて、
包むように動いているだけ。


大切なのは
ローソク足の動きの方。
ボリンジャーバンドを含め
テクニカル分析は
あくまで補助だということ。


今はチャートの流れが
どう描かれているのか。
波はどこで発生しているのか。
全体をよく見るようにしています。


あとは自分のエントリールールで、
しっかりとタイミングを待ちます。


上に行くと思うけど、
下に行くかもしれない
の「迷い」がある時のエントリーは禁物ですよ。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT

Copyright © スキャルピング虎の穴 スキャルピングFXプロ、FXスキャルマスターの検証 All Rights Reserved.