05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

とらのエントリー方法

とらのアレンジ手法について

売買判断はシンプルであるということ

スキャルピング
 1分足スキャルピング

 1分足ブレイクアウト

スイングトレード
 とらのスピード・スイング

 スピード・スイングの特徴

損小利大を意識する 

ご質問をいただきましたので、
共有させていただきます。(^^)

**************************************************
よくとらの介さんは、損小利大のトレードをしましょうと言っておられますが、私はまだ勝率を意識したトレードが頭から離れません。

例えば、利益と損切り幅が1:1として、勝率が8割以上を見込めるポイントでトレードすればいいのでは?と思ってしまいます。

なのに、勝率よりも損小利大のトレードにこだわる理由はどこにあるのでしょうか?

勝率が落ちてもいいから、できるだけ利幅と損切り幅を見直して損小利大に変えていきたいとは思うのですが、、、
**************************************************


おっしゃっていることは
まったく間違いじゃありませんし、
そのようなトレードをすれば
当然プラスに持っていけると思います。

とらが勝率よりも
損小利大を意識しましょう
というのには、
別の理由があります。


例えば、勝率9割というのは、極端な話、
9回勝って+90pips、
1回負けて-100pipsでも
勝率は9割です。

こういうトレードは長続きしません。


勝率を維持しようとすれば、
小さな損切りだとしても
非常にためらいますから、
結果、利小損大になりかねませんよね。




なので、大事なのは、
小さな損切り幅で、
大きな利幅を見込めるポイントを
「厳選してトレード」しましょう。
ということです。


損を小さくできて、
大きは利幅が狙えるチャートポイントまで
ローソク足をしっかり引きつけてからの
トレードがとても大切です。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

売買判断  /  tb: 0  /  cm: 0

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://toranosukefx.blog59.fc2.com/tb.php/2693-3ea0cf0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top