07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

とらのエントリー方法

とらのアレンジ手法について

売買判断はシンプルであるということ

スキャルピング
 1分足スキャルピング

 1分足ブレイクアウト

スイングトレード
 とらのスピード・スイング

 スピード・スイングの特徴

損小利大にするには 

読者の方からご質問のメールを頂きましたので、
共有させていただきます。m(__)m

**************************************************
現在トレード経験は3年になるのですが、未だに損小利大ができません。
含み益が出れば、利大にしようと損切りを遅らせる結果、建値付近で損切りとなってしまいます。

含み損の場合には、早めに損切りはしていますが、結局利小損大という結果です。

「損は小さく、利を伸ばす」言っていることは分かるのですが、これをトレードで再現することができません。

そもそも最初のエントリーポイントが良くないのでしょうか?
**************************************************



どういったトレードをされているのか、
ちょっと分からないので心許ないのですが、
利小損大となってしまう方の原因に

1つは、ポジポジ病、
もう一つは、難しい相場でトレードしている。

というのがあると思います。

1つ目のポジポジ病は
誰でも経験があると思います。

1回トレードで負けると、
その損を取り返そうと、
躍起になってポジションを建てます。

感情によるトレードがほとんどなので
その後のエグジットも適当になってしまいます。

どんな相場でも、今は手法Aで行ける、
はたまた今は手法Bで行ける。

など、あれやこれや今のチャートに
理由をつけてエントリーするのは
よくありません。

あれこれ手法を
使いこなそうとするのではなく
1つの手法に絞って
トレードしてみてください。


2つ目は、
難しい相場でトレードしているです。

これはトレンドが読めていない
可能性が高いです。

おススメはトレンド相場に絞って
トレードするのがいいですね。
勝ちやすいですからね。

トレンド相場でしたら、
押し目や戻りでエントリーして、
どこまで伸ばし、どこで切るか、
ここまで伸びずにこう動いてきたら、
早めにリカク。

なども準備がしやすいです。


でもレンジ局面で、
トレンド相場と同じ
トレードでやっていると
往復ビンタを食らってしまいます。

押し目と思って
買いでエントリーしたら
即下がりますしね。

だから今相場が
トレンド状態にあるのか
そうでないのか。


トレンド状態なら、
「どこまで伸びそうなのか」
「どこを割れたらトレンドが終了なのか」


トレンドがはっきりしていなくても、
全体的に買いと売り、
どちらが優勢なのか
把握しておくだけでも違ってきます。


こういうのを意識しながら
取り組んでみるといいと思いますよ。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

Q&A  /  tb: 0  /  cm: 0

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://toranosukefx.blog59.fc2.com/tb.php/2515-defbced9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top