09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

とらのエントリー方法

とらのアレンジ手法について

売買判断はシンプルであるということ

スキャルピング
 無裁量、損小暴利の短期トレード。
 1分足スキャルピング

 1分足ブレイクアウト

スイングトレード
 1日5分。たった2つの条件を確認したあと
 予約注文、利益確定注文を入れて待つだけ長期トレード。
 とらのスピード・スイング

 スピード・スイングの特徴

アレンジ手法のご質問・ご感想を頂きました。 

とらのアレンジ手法の
ご質問・ご感想を頂きましたので
共有させていただきます。m(__)m

**************************************************
再現性の高いロジックであることはわかりましたが、
どういう場面でのダマシが多いのか、などについて
とらの介様の所感を簡単にでも良いので記載してもらえると更に良いと思いました。
それがあると自分で検証していく際の目安になると思いますので。

良かった点としてはロジックそのもの、です。
一般販売されているものと比較してもこの手法はかなり良いです!
**************************************************


ご感想ありがとうございます。(^^)

一般販売しているものと比べて
遜色ないものと言ってもらえると
とらも励みになります。


で、ご質問にもある
どういう場面でダマシが多いのか。


とらの手法には逆張りの
エントリーがあります。
あくまで基本ですが。^^;


極めて反発しやすいポイントを
狙い撃ちしますから、
ビシッと決まれば
トレンドフォローより稼ぎが多いです。


ただ簡単ですが、
明確なトレンドが発生すると
手を出しづらくなりやすい。(*_*)


特にジリ上げ相場
ってあるじゃないですか。


MA20~+2σを往復しつつも、
延々と上がる相場。

あるいはMA20~-2σの間で
下がり続ける相場ですよね。


トレンドが出ているにもかかわらず。
ここが底だろ!天井だろ!
とエントリーを繰り返していては
損切り貧乏になります。


とらの手法では
ノーエントリーとする
売買フィルターもあるので
負け続ける事はありません。


ただ、トレンドが入れ替わる
初動のポイントですよね。


チャートをあとから見れば、

「あぁ、ここでトレンド転換してるから
そこに売買ポイントが出ても
逆張りで入ったら負けるよね?」

ってなるわけ。

その対処法としてラインを引いて
レジサポ転換を見てあげるのもいいけど、
もっと簡単なのが
移動平均線の並びを見てあげること。


パラメーターは
見ている時間軸にもよって
変わってくるから一概に
どれがいいってのは難しいけど、


一定の並び方をした時は
そのトレンド方向にだけ
エントリーを心がけるようにすれば
無駄打ちはすっごく減ります。(^^)


勝つトレードも大事だけど
負けトレードを
ぐっと減らすことの方が
もっと大事です。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

ご感想  /  tb: 0  /  cm: 0

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://toranosukefx.blog59.fc2.com/tb.php/2123-39276921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top