とらのアレンジ手法について

いいトレードと悪いトレード

先日ボラティリティが
10pipsほどのような相場は
ほとんど利益が出ないから
あまり意味がありません。

みたいなことを
書いてしまったのですが、

この事についてか
読者の方から
ご質問がありました。



その方は毎回
トレードに挑戦するも
5~10pipsしか獲れず
納得の行くトレードが
できないというようなことを
おっしゃっていました。


ただ、とらの考えは
ちょっと違っていて


では、まぐれでも
100pips獲れたら
それはいいトレード?


といえるのかどうかです。


勝っても負けても、
自分が納得の行くトレード

想定通りの
トレードが出来たかどうか

こういう事のほうが
まずは大事に思います。


「何pips獲ったぞ!どうだぁ!」


ってとらも
言いたい気持ちも分かりますが、


エントリーした根拠、
エグジットした根拠、
全体を通して、
シナリオどおりの
トレードが出来たかどうか


トレード前の戦略のほうが
ずっと大事。


だから、5~10pipsでも
それを狙って
トレードしているなら
いいトレードだと思います。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

COMMENT 0

LEAVE A COMMENT

Copyright © スキャルピング虎の穴 スキャルピングFXプロ、FXスキャルマスターの検証 All Rights Reserved.