08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

とらのエントリー方法

とらのアレンジ手法について

売買判断はシンプルであるということ

スキャルピング
 無裁量、損小暴利の短期トレード。
 1分足スキャルピング

 1分足ブレイクアウト

スイングトレード
 1日5分。たった2つの条件を確認したあと
 予約注文、利益確定注文を入れて待つだけ長期トレード。
 とらのスピード・スイング

 スピード・スイングの特徴

スイングとスキャルのロット数について 

読者の方からロットに関する
ご質問を頂きましたので
お答えしたいと思います。(^^)

**************************************************
毎週、見事なトレードで素晴らしいです。
スピードスイングとスキャルのアレンジ手法とでは、ロットの大きさは変えてますか?とらの介さんのスイングとスキャルにおけるロットの考えを知りたいです。記事にしてくれると嬉しいです。
**************************************************


さすがにスキャルピングのロットは
毎度変えていると大変なのと
損切り幅は小さめですので
ほぼ固定でやっています。


対してスイングは
その半分以下ですね。


スイングのロットを小さくする理由は
損失額のリスクを減らすためです。


狙う利幅が大きいぶん
損切り幅もスキャルに比べると
やや大きめですので
ロットを小さくすることで
額を抑えることができます。



ロットの決め方は
かなり一般的ですが
損失額 ÷ 損失pips で
ロットを決めることができます。


1トレードの損失額を
例えば1万円として

20pips損切り幅だとすると
クロス円で0.2円。

10,000 ÷ 0.2 =50,000通貨


この辺はポジションサイズを
計算してくれるアプリもありますので
興味があれば検索してみると
いいと思います。


最初こういう計算は
面倒に感じましたが・・・

慣れてくると
損切り幅が分かれば
大体何ロットでエントリーしたらいいか
分かってくるようになってきます。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

Q&A  /  tb: 0  /  cm: 2