09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

とらのエントリー方法

とらのアレンジ手法について

売買判断はシンプルであるということ

スキャルピング
 無裁量、損小暴利の短期トレード。
 1分足スキャルピング

 1分足ブレイクアウト

スイングトレード
 1日5分。たった2つの条件を確認したあと
 予約注文、利益確定注文を入れて待つだけ長期トレード。
 とらのスピード・スイング

 スピード・スイングの特徴

スイングとスキャルのロット数について 

読者の方からロットに関する
ご質問を頂きましたので
お答えしたいと思います。(^^)

**************************************************
毎週、見事なトレードで素晴らしいです。
スピードスイングとスキャルのアレンジ手法とでは、ロットの大きさは変えてますか?とらの介さんのスイングとスキャルにおけるロットの考えを知りたいです。記事にしてくれると嬉しいです。
**************************************************


さすがにスキャルピングのロットは
毎度変えていると大変なのと
損切り幅は小さめですので
ほぼ固定でやっています。


対してスイングは
その半分以下ですね。


スイングのロットを小さくする理由は
損失額のリスクを減らすためです。


狙う利幅が大きいぶん
損切り幅もスキャルに比べると
やや大きめですので
ロットを小さくすることで
額を抑えることができます。



ロットの決め方は
かなり一般的ですが
損失額 ÷ 損失pips で
ロットを決めることができます。


1トレードの損失額を
例えば1万円として

20pips損切り幅だとすると
クロス円で0.2円。

10,000 ÷ 0.2 =50,000通貨


この辺はポジションサイズを
計算してくれるアプリもありますので
興味があれば検索してみると
いいと思います。


最初こういう計算は
面倒に感じましたが・・・

慣れてくると
損切り幅が分かれば
大体何ロットでエントリーしたらいいか
分かってくるようになってきます。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

Q&A  /  tb: 0  /  cm: 2

アレンジ手法に関するご質問 

先週に引き続き、
読者の方からご質問を頂きました。m(_ _)m

**************************************************
とらの介さんは昔は昼間もガンガントレードしていたとの事ですが、アレンジ手法でトレードしていたのでしょうか?

そして、欧州時間だけでなく東京時間もトレードしていたのでしょうか?


アレンジ手法に対する僕の認識なんですが、

 ○ エントリ、エグジット、LCを裁量判断なしで行うことができる。

 ○ サインの取捨選択せず全てにエントリーしたとしても週トータルで勝てる。

この認識で合っておりますでしょうか?

アレンジ手法では上位足の環境認識はやらないのでしょうか?

環境認識をしなくても勝てるものなのでしょうか?

アレンジ手法は順張りでしょうか?逆張りでしょうか?

アレンジ手法で昼間からトレードした場合、夜だけトレードするより1日をプラスで終える可能性は高くなるのでしょうか?
**************************************************


まだとらがアレンジ手法を
編み出していない時は
昼間もやっていました。

当時は昼間から闇雲に
利益を逃すまいと
チャートにべったりでしたね。^^;


アレンジ手法について
サインの取捨選択はありますが
これも裁量判断の余地は
ほとんどないで大丈夫です。

これがこうの時は
エントリーしない。
というルールも
はっきりしているからです。

ただ、これが
必ず勝てますよ~。という
お約束はできません。^^;

それこそ
勝率100%の手法に
なってしまいますもんね。


上位足の環境認識は
スキャルピングプロの
アレンジ手法では
基本的に不要で、

どちらかと言うと
逆張りに近い手法ですが
大きな目で見れば
順張りになるように
なっています。

順張りの
深い押し目、
深い戻りを狙った
といえば伝わるでしょうか。^^;


昼間もトレードしたほうが
いいかどうかについては
どうですかねー。

昼間というよりは
夕方以降なら
動きもあっていいと思います。


とらのスタイルは
夜まとまった時間に
メリハリを付けて
集中しています。

2、3回負けても
すぐに諦めず
続けることが大事です。(^^)

自然と
チャートを読むことの
意味がわかってくると
思います。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

Q&A  /  tb: 0  /  cm: 0

裁量が多い物は検証もやりにくい 

**************************************************
もう商材はこりごりというか、他人の手法をものにするのは無理なのかなと思っていたのですが
とらの介さんのブログを見つけて以降、ずっとアレンジ手法が気になり商材を購入すべきか熟慮しております。

そこで質問。

商材単体ではなく、アレンジ手法込みで見た場合、スキャルピングプロとトレンドハック、どちらがお奨めですか?結果を出しやすいのは?

理想はスキャルでコツコツ稼ぎつつ、資金が出来たところで、スキャルと平行してスイングもできたらと。



僕のfx歴は4,5年くらいです。安定して勝つという経験がなく、未だデモトレードから抜け出せない状況です。

商材は色々買いましたが、評判の良い商材で勉強してみても全然安定せず、裁量判断が多くて商材作成者と同じ様な判断をするのは難しいです。裁量が多い物は検証もやりにくいです。

ダウ理論一つ取ってみても基準を示したものにお目にかかれなかったです。ダウは大事と言いつつ、波の捉え方は裁量で人それぞれみたいな所、多いです。
**************************************************


裁量が多い物は検証もやりにくい

まったく同感ですね。
人は何かを決定することが多ければ多いほど、
すごく疲れるそうです。

言われてみれば、そうですよね。

確認すべきポイントが多すぎると
トレード以前にチャートを見るのが
億劫になりそうです。


長くなってしまいましたが、
スキャルでコツコツ稼ぎつつ、、
ということですから
スキャルピングFXプロが
いいのかなと思います。

ただ

「ダウ理論の基準」を
ルールとして習得したい
ということでしたら、
迷わずトレンドハックFXを
おすすめします。


環境認識の仕方が
明確にルール化されているので
トレンドの判断がはっきりする
と思います。



特典となるアレンジ手法は、
スキャルピングFXプロと
トレンドハックFXでは違うので、
ご注意くださいね。(^^)


スキャルピングと
スイングの違いもありますが、
使う時間軸や売買ポイントも
違ってきます。


売買ポイントで見るべきものは
どちらも超がつくほどシンプルなので
売買判断は難しくないはずです。


よろしくお願いします。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

Q&A  /  tb: 0  /  cm: 0

ご感想とご質問をいただきました 

ご感想とご質問をいただきましたので、
共有させていただきます。


**************************************************
とらさんのアレンジ手法はサインの取捨をしないで
すべてエントリーしたとしてもトータルでプラスになりますことは実証済です
ありがとうございます。改めて驚きます。

そこで質問です
買いか売りかの判断基準は明確化するべきでしょうか?
例えば4時間足と1時間足のみで判断と決めるべきか
それともその日によってさまざまな時間足を駆使して判断すべきなのか
非常に迷います。
**************************************************



ご感想ありがとうございます。

トータルでプラスになる
トレード、仕組みがとても大切ですよね。

効果を実感してもらえて
とらも嬉しい限りです。(^^)


さて、ご質問の買いか
売りかの判断基準についてです。


とらの手法に至っては、
様々な時間足を
駆使する必要はありませんし、


ブログの結果通りに行くなら
4時間足や1時間足も
見る必要はありません。


ただとらの手法ではない
一般的なトレードで言えば
トレンドによって明確化するのが
安全かなと思います。


上昇トレンドなら
買いのみに絞るとかですね。


全体のトレンドを見るにしても
4時間足が分かりやすいかなと思います。


複数足の見方については
トレンドハックFXが
分かりやすいです。(^^)


以上です、よろしくお願いします。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

Q&A  /  tb: 0  /  cm: 0

指標が絡む時のトレード 

27日のトレード
指標が絡んでやりにくくなかったですか?
というご質問を頂きました。

あなたはどうでしたか?


とらはスプレッドが
大きく開いて
期待値が薄いなら
入らないようにしています。


例えば、米GDPのような
重要指標が発表された
場面がありました。

日本時間の
22時30分ですね。


こういうときは、
急騰、急落をしたり
スプレッドがやけに開いたりするので
注意が必要です。


不安であれば、
重要指標の前後30分間は
トレードをやめてしまう。


ポジションを持っていたら、
クローズしておくのが
いいかなって思います。


トレード前に
指標を確認しておくと
準備万端ですよ。
経済指標 週間予測カレンダー


ビックリマークがあるのが重要指標です。


参考にしてみてくださいね。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

Q&A  /  tb: 0  /  cm: 0