08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

とらのエントリー方法

とらのアレンジ手法について

売買判断はシンプルであるということ

スキャルピング
 無裁量、損小暴利の短期トレード。
 1分足スキャルピング

 1分足ブレイクアウト

スイングトレード
 1日5分。たった2つの条件を確認したあと
 予約注文、利益確定注文を入れて待つだけ長期トレード。
 とらのスピード・スイング

 スピード・スイングの特徴

ルール無視のトレードの見直し方 

**************************************************
負けトレードがあると、ついついルール外なのにむりやりこじつけ理由をつけてトレードしてしまいます。
FX歴だけは長く、あれこれ商材も買いましたので知識だけは中途半端にあります
ついついそういった過去に習った知識が頭をだしてしまい、「ラインを引けばはいれるな・・・」とかそういうことをやらかしています
また、利確等も目先の動きに振り回され、損切りしちゃいけないところで損切りして、その後思惑通りに動いて悔しい思いをしたり・・・

自分でも何をやっているんだか・・・情けないはなしです

このようなルール違反をしてしまうのですが、どういう取り組みをしていくと改善できるのでしょうか・・・・

とらの介さんも ルール違反をしてしまう時期はありましたか?あった場合はどう乗り越えたのでしょうか?
**************************************************


トレードで負けると
その損失を取り返そうと
躍起になって
ルールを無視したトレードを
とらも昔はやった記憶があります。

ただ、それで勝っても、
明確な理由がありません。

行き当たりばったりの
ルールというか。

だから、勝っても
いまいちパッとしない。

手法にまだ腹が決まってないから、
ルールを無視してしまうのですね。

とらもそれが嫌で、
もう一度一から
勉強し直しました。


自分には何が足りなかったのか。と。


そうすると、かなり初歩的ですが、
まずは「ダウ理論」ですね。

例えば、上昇トレンドとは、
何か説明できますか?

とらは説明できなかったんですよ。^^;

安値と高値が切り上がること。
ですよね。

ダウ理論を覚えることで、
どこから上昇トレンドで
どこでトレンドが終わるか。

どうなると
トレンド転換なのか。

相場の節目を覚えました。



あと、とらが改善したのは、
高確率で反発するポイントはどこか。


一般的に反発するポイントと、
高確率で反発するポイント
の違いですね。

ここをかなり長いこと
研究していました。


それで負けるときは
もちろん負けるけれど、
トータルでプラスになる事がわかってからは
ルールを無視したトレードは
ほぼやらなくなりましたね。


トレードは孤独ですよね。
とらで良ければ、いつでも
ご質問くださいね。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

成功と失敗 

入るべきところで入って、
出るべきところで出るトレードって
ビシっと決まると
気持ちがいいですよね。


反面、エントリーしたはいいけど
少し利が乗ったと思ったら、
利確ポイントまで届かず
逆行して損切となってしまう時。


ムッキーってなりますよね。
とらもあります。(T_T)


でも、損切になったとしても、
しっかりルール通りのトレードが
できていたら、そのトレードは
成功だといえると思います。

でも、損切は損切ですから、
気分がいいものではありませんよね。


そんな時、しっかり
反省することが大切です。


損切となった時の
エントリーポイントを
以下の2種類に分類してみるといいです。


1. エントリーすべき時
2. ちょっと微妙な時


1のエントリーすべき時は、
損切となったトレードを
あとから見返しても
やっぱり入るべきポイントだった箇所。


2のちょっと微妙な時は、
あとから見返したら、
ここはまだ逆行する要素が紛れていたな!
という発見があった箇所です。


例えば、

押し目でエントリーしたつもりが
実は少しタイミングが早かったとか、

引きつけが甘く、値が伸びた後に
追っかけエントリーしていたな・・・

実は上昇トレンドが終了して、
目線が下に移っていたな・・・とか。


そういう反省ポイントが
発見できたら、
これは結構な宝になります。


もしそういう微妙なポイントだったな
という発見があったら、
次のトレードはこうしよう!
という武器になりますよね。


もしわからないときがでてきたら
とらに質問もいいですしね。(^^)

ぜひ、負けトレードは
そういう発見を
大事にしてみてください。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

タグ: 短期投資  スキャルピング  1分足スキャルピング 

一度損切りになったとしても、2、3回目で利確できればいい 

トレードをしていて、
一度損切りになったとしても
まだ買い目線を続けるべきなのに
知らず知らずに
売りで入ってしまう。

あるいは、
買わなきゃいけない場面でも
「また損切りになるかもなぁ~」
と思っちゃって、
エントリーを見逃してしまう。

こういうことは
本来あってはいけません。


まぁ、メンタルも考えると
これが難しかったりするんですが。


ただトータルでプラスになる
「仕組みづくり」ができている人は、
こういう心配がほぼありません。


たとえ損切りが2,3回続いたとしても、
トータルではプラスに転じることを
知っているからです。


エントリーしようとしているポイントが
一度損切りになったポイントと
ほぼ同じポイントであっても
トレンドが継続している限り
エントリーすることも大切ですね。


p.s.
GW真っ盛りですね。
いかがをお過ごしでしょうか。

とらは近所の友人らと
バーベキューをしました。

格安のお肉でも
気の合う友人らと外で食べると
おいしく感じるから不思議です。(笑)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

勝率よりも大事なこと 

こんにちは。とらの介です。

トレードしていると勝率って
気になる人も多いと思います。


例えば10回トレードした結果、
3勝7敗とか。勝率3割ですよ?


でもトレードでは
よくあることです。

とらもそこまで負けが立て込むと
「むむむー」ってなりますけどね。


とは言え、損小利大ですから
資金は増えていきます。(^^)


使用する手法は基本的に1つだけで
いいと思うんですよね。


自分が得意な手法を用いて、
それにあった相場を
ひたすら狙うこと。


とらの場合だと、
トレンドが勢いづくところと
反転しだすところですね。


たくさん手法の引き出しを
増やすことよりも
自分の得意な手法を
1つこれだ!と思えるもの。


そうしたものをコツコツと
育てていくのが結果的に
最も高いリターンを
得ることができると思います。

実際とらがそうでしたから。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

 

読者の方からご質問を頂きましたので、
共有させていただきます。(^^)

**************************************************
最近どの通貨もボラが少ないように思いますが、とらの介さんはどう対処されてますか?
利確や損切りの幅を変えてみたり何か工夫されている点はありますか?
**************************************************


とらもボラが少ないときは、
トレードがやりにくいように
感じることはあります。


ただ利幅が大きいことに
越したことはありませんが、

1回1回のトレードで
勝った!負けたぁ~と
一喜一憂せずにすることが
大事だと思っています。


トータルでプラスに
できれば、
それを日々続けること。


と単純に考えていて、


あぁ、ボラが少ない。
このままではダメだ。
他の手法を確立しなけりゃ・・・


というようなことを
考え始めてしまうと
余計に安定しません。


ボラが低くても、
トータルで勝てればいい。

不明瞭なら
休むのも大事。

それを淡々とやるように
心がけています。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ