02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»03

とらのエントリー方法

とらのアレンジ手法について

売買判断はシンプルであるということ

スキャルピング
 1分足スキャルピング

 1分足ブレイクアウト

スイングトレード
 とらのスピード・スイング

 スピード・スイングの特徴

トレンドの方向とか目線の見方 

読者の方からご質問いただきましたので、
共有させていただきます。m(__)m

**************************************************
とらさんが、先日記事にて方向さえ間違わなければ結果がすぐ出る。とおっしゃっていましたが、方向というのはどういうふうに掴むものなのでしょうか?もしよかったら、ご教示いただけますか。
**************************************************


ご質問ありがとうございます。(^^)

おさらいではありますが、
一言で言えば、
「ダウ理論」で見るのが
一般的です。


例えば、こんな動きのときは、
目線(方向)が上になったと
見てとれます。

temaenotakane.png

下降トレンドで
始まっていたんですが、
最安値をつけたあと、
その後反発上昇していますね。


ここで「最安値手前の高値」は
どこにあったのか?を
探してあげます。


すると、赤い水平線を
引いた位置ですよね。


ダウの見方がはじめての方は
ちょっと難しいかもしれないので、
何度か見返してくださいね。


ここを上に抜けたら、
目線(方向)が上になった
と判断できます。


逆に、赤い水平線を
上抜けない限り、
目線は下です。


最安値をつけたあと
反発上昇していますが、
下降トレンドは
まだ継続中として見ます。


水平線を上抜けたあとは、
どこで買うかですが、
これはもうとらの手法で
ガンガン狙っていきます。


ご参考になればくださいね。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

タグ: 1分足スキャルピング  スキャルピング  短期投資 

本当の押し目 

上昇トレンドの中、
本当の押し目はどこ?

っていうのが度々あります。

ポンド円の15分足です。


青丸も押し目候補としては、
早いポイントですが、
間違いではありません。

前回の高値を
上抜けてきたラインです。

ただ、ここは上がる「かもしれない」ポイントです。

黄色のトレンドラインにも
注目してみると、
買って行くには、
やや力不足な感じがしませんか?

高値が切り下がってしまっています。

赤い水平線
上がってもらわんと困るポイントです。


赤い水平線の左側が
前回の押し目として
機能していますよね?

さらに左側のチャートは
途切れてしまっていていますが、
下降から上昇へトレンド転換した
ラインにもなっていることに
あなたのチャートで確認してみてください。


前回の押し目+トレンド転換のラインは、
強固の押し目になることを
覚えておくと便利ですよ。


そうすれば、
青丸を過ぎたあたりから
スキャルで売ることもできますし、
その後の赤い水平線の反応を見て
買っていくこともできるようになります。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

ここで買う?買わない? 

ちょっと難しい質問をします。

中長期が上昇トレンドで、
短期トレンドが下記のような
青い上昇トレンドを
形成していたとします。


今見ている値が赤丸付近だったら、
買いますか?

namisize.png



買ったら、少し上げたところで、

「よしよしいいぞ!
 このままもう少し上がれ!!」

と見ていたら、
緑の水平ラインまで
落ちてきたので損切り。


するととたんに
再上昇みたいな。


よくありますよね。こういうの。(笑)


なんだよぉ~
ポジション保有しとけばよかったぁ(T_T)

みたいな。


難しいですよね。こういう現象。


個人投資家は、
青い上昇トレンドを確認して、
買っていくしかありません。


ただ、大口投資家は、
それよりももっと前に
買い上げていて、
相場のトレンドすら
転換させる力を持っています。


でも、その大口投資家したら
下がったとしても
まだ大丈夫なラインが有ります。

それが緑のような
水平線にあたるわけです。

もっと前から
買っている大口投資家は
更にその下にある
押し目のライン。

そこは下抜けしてもらっては
困りますよね。


だから、中長期が
上昇トレンドを形成していたら、
短期での買い場を
どこに焦点を当てていくか。。


おそらく上昇するだろうポイントと
上がってもらわんと困るポイント。



細かいですけど
そういうのを頭の片隅に
入れておきながら、
慎重に買い場を見極めたいものです。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

中長期トレンドの見方について 

9日のポンド円。トレードするには難しかった
中長期のトレンドの見方についてです。


1つ目は、4時間足と1時間足の
直近のトレンドは上昇なんですが、


1時間足の現在のレートが絶賛下降中
になっていること。

1時間足
treh1.gif
右側の赤い縦線内がトレードしていた時間です。




2つ目は、4時間足の
現在のレートが
前回戻り売りのポイント
(ピンクの四角)として
機能していたことです。

treh4.gif


正確に言ったら、
現在のレートは
そのピンクのポイントを
上に抜けていますから
上昇継続として見たいところですが、
ちょい抜けした程度なので
なんともいえません。(笑)


上に抜ける?
それともやっぱり下に行く?
と、にらめっこしているような
そんな状況ですから。
余計にトレードしにくいです。

ただ先に言った
1時間足の現在のレートが
下降中なので、買っていくことも
難しい。

1時間足の全体的な
トレンドは上昇だけど、
現在のレートは下降中だから
押し目の候補を待たなければ
ダメですよね。

じゃ、その押し目は
どこになるのかなって
考えてあげないといけないです。

それが青い水平線になります。
もう一度1時間足見てみますか。

treh1.gif


なんでここかって言うと、
これも水色の四角のポイントに注目です。
長らく頭を抑えられていたポイントです。

ここを上抜けしてできた
上昇トレンドだから
この青い水平線にレートがきた時
再度上昇を継続する可能性が高い
ってことです。

かと言って、青い水平線に
落ちてきたらすぐ買えるかと言ったら、
セオリーとしては、ここから
短期の時間軸が上昇トレンドの
形状を確認してから買う必要があります。


来週買って行くなら、
この青い水平線に
頑張ってもらわないといけません。


長くなってしまったので、
今日はこの辺で。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

トレンドを否定する動き 

トレードの悩みで

エントリー直後はすぐに
利益方向に伸びるものの、
惜しくも利益目標まで届かず
戻ってきてしまう。


というのは誰しも
経験があると思います。


そういう方は、トレンドや
ローソク足の動きを
よく見てほしいと思います。


見ていると思っていても、
「トレンドが失速する場面」
というのがあります。


例えば、これは上昇トレンドだ!
という場面でロングしたとします。


その場合は、高い確率で、
トレンド方向にローソク足が
伸びていきます。

ここまではいいです。


しかし、問題はここから。

「アレ?高値が伸びていかない。。
 しかしまだリカクする場面でもないな。
 もう少し待とう」

そのままずっと待っていると、
ズルズルと下がってきてしまった。



分かりますでしょうか。

エントリーした時は
上昇トレンドだったけど
リカクまで待っていたら、
高値を更新していかない。

とらが思うに
高値を更新しない動きが
2回あれば、もう手仕舞い
してしまったほうがいいです。


高値を更新しない動きが
連続で続くというのは、
上昇トレンドを否定する動き
だからです。


安値(押し目)があって、
「高値を更新していく動きが継続しているかどうか」
に注意してみると
また面白いと思いますよ。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ