06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

とらのエントリー方法

とらのアレンジ手法について

売買判断はシンプルであるということ

スキャルピング
 1分足スキャルピング

 1分足ブレイクアウト

スイングトレード
 とらのスピード・スイング

 スピード・スイングの特徴

岐阜県 國田家の芝桜 

少し前になりますが5月のGW中に
國田家の芝桜に行ってきました。

毎年「芝桜みたいねー」と
家内と喋っている時期に限って
ちょうどシーズン終わりだったので
楽しみにしていました。

kunitake01.jpg

噂通り、まさにじゅうたん。

しっかりと密度濃く
敷き詰めてあるところは
職人ですよね。

kunitake02.jpg

もともと花が大好きだった
國田かなゑさんが、
1961年に一株の芝桜を
実家の庭に植えたのが
始まりだと言われています。

かなゑさんが亡くなったあとも
娘さんを始めとした
國田家の芝桜を愛する会が結成され
引き続き芝桜を守り続けているようです。

kunitake03.jpg


kunitake04.jpg


少し風があり、
水面が揺れていたため
「逆さ芝桜」はちょっと断念。


午前9時過ぎくらいに
着いたのですが、
駐車場は先客で混んでいて
ちらほらしか空いていません。

来るなら9時までには
来たほうが良さそうです。

あくまで一般家庭の
お庭にお邪魔する感じなので、
静かに見学したいですね。(^^)





その後ついでに
小川の花桃も見に行きました。

ついでと思ったけど、
ちょっと道が大変でした。^^;

kunitake05.jpg


kunitake06.jpg


kunitake07.jpg


kunitake08.jpg


國田家の芝桜から
花桃を見に行くときは
峠を超えなければならない。

結構狭い道路が続くので、
ちょっと大変です。(汗)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

雑記  /  tb: 0  /  cm: 0

今後のトレードについて 

ブログ更新できず申し訳ありません。m(_ _)m
トレードの調子はいかがでしょうか。


実はGWの終わりごろから
計画していたのですが、
孫夫婦と一緒に暮らすことになって
その準備に追われていました。


それで次第に今後は孫と
一緒に過ごす時間を優先したいなぁと
思うようになりました。


今のトレードスタイルですと
夜キッチリ時間を割いてトレードしていたのですが
今後はあまりチャートを見ないスイングに
移行していきます。


更新頻度は下がると思いますが、
すでにスイングも再開して
トレード自体はほぼ毎日やるので、
ご質問あれば今まで通り大丈夫です。


あと今でもお問い合わせいただくのですが、
年末プレゼントパックも一緒にほしい
というメールを複数の方から頂いたので
今後は一般の特典にも追加させていただきます。


もしマルチタイムフレームの見方を実践している方でしたら、
絶対に参考にしてもらえると思います。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

雑記  /  tb: 0  /  cm: 0

野沢温泉 13の外湯をまわる 

久しぶりに泊まりで
野沢グランドホテルで予約を取って
そこに車を停めて
13の外湯をまわりました。


真湯
nozawa1301.jpg

nozawa1302.jpg

野沢温泉の中でもオススメとされる
泉質が一番と評判の真湯。

第一印象は、え~ぬるっ。
という感じ。

4月は雪解けの時期で
相当ぬるくなっているようだ。
DSC03844_1704.jpg

体感で40℃くらいか。

30分くらい入っていても
平気そうだ。(^^)

でもクソ熱いと聞いていただけに、
ある意味入りやすい温度で
ラッキーか!?



泉質は単純硫黄泉。
薄白濁の湯に
黒い湯の花が大量に舞っている。

そして硫黄臭。

あぁ~来てよかったぁ。


麻釜の湯
nozawa1303.jpg

誰もいない。静かな佇まい。
お湯は凄まじい熱さ。
足を入れてみたが、瞬殺。

加水して入るのだろうが
それは不本意なので、
敢えなく断念。

nozawa1304.jpg

滝の湯
nozawa1306.jpg

エメラルドグリーンの湯が特徴なんですよ~
と地元の方が教えてくれた滝の湯。

同じ野沢温泉でも
特徴が違うのもあるというのも
おもしろい。

先客が加水していたためか、
なんとか入れた。
それでも体感44℃位はあるだろう。

nozawa1305.jpg

川原湯
nozawa1307.jpg

nozawa1308.jpg

十王堂の湯
nozawa1310.jpg

nozawa1309.jpg

松葉の湯
nozawa1312.jpg

nozawa1311.jpg

滝の湯
nozawa1313.jpg

nozawa1314.jpg


横落の湯
横落の湯

複数人いたため、写真不可。

中尾の湯
nozawa1315.jpg

熱湯とぬるゆがあって、
ぬるゆはだいぶ入りやすい
温度になっていた。

白い湯の花が舞って
スーッと心地いい硫黄の香り

あー長いこと入っていたいけど
残りの湯めぐりもしなきゃなと
後ろ髪引かれる思いであとにする。

nozawa1316.jpg

神寺湯
nozawa1318.jpg

nozawa1317.jpg

熊の手洗湯
nozawa1319.jpg

熊の手洗湯は、
野沢温泉の中でも唯一?
入りやすい温度ということで
楽しみにしていました。

ぬるゆと熱湯があり
ぬるゆは確かに全然入りやすい。

3本の管があり、2本からぬるゆ、
1本から熱湯が投入されて
体感で41℃くらい。
随分ぬるく感じた。


が、熱湯は普通に熱い。
いや普通じゃない激熱だった。
アレっ?


nozawa1320.jpg

秋葉の湯
nozawa1321.jpg

大湯
大湯

複数人いたため、
写真は撮れませんでしたが、
ぬるゆと熱湯が並んでいた。

とらが「あつ~」と言っていると
熱湯側にいた地元の方が、
「水をドバーッと出せばいいよ!」
と教えてくれた。


源泉に水をドバドバ加えるのは
本心ではないが、
いかんせん死ぬ程の熱湯。


水をドバーッと出しているところから
そっと足を忍ばすように入るのが
コツのようです。

そして入ったらバタバタ動かない。
と、観光客のとらにも
丁寧に教えてくださりました。(^^)


熱湯も入ってみるもんなら入ってみ。
と言われたので、ナニクソと思って入ってみたら
意外とぬる湯とそんなに温度が変わらない。(笑)


結局外湯で入ったのは5つ。
真湯、大湯、中尾の湯、
熊の手洗湯、滝の湯だった。

どれも先客がいたので
加水していたから入れたのだろう。

それでも膝下はもうピリピリで
軽い火傷状態。

たぶん草津温泉より熱い。
恐るべし野沢。



あと歩いていて思ったのが、
上がり下がりの激しい温泉街で
急な坂が多く
車の通りもそこそこ。

ベビーカーを押して歩く方や
足腰の弱い方は
ちょっぴり気合が必要。

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

雑記  /  tb: 0  /  cm: 0

岐阜県 ひめしゃがの湯 

岐阜県の「ひめしゃがの湯」に行ってきました。

himesyaga1704012.jpg
実に6年ぶり。(^^)

とらが訪れた翌年2012年に
リニューアルされて
浴室が改装されたらしいです。


himesyaga1704011.jpg

入り口横には飲泉場があります。

一昔前の炭酸ソーダに、
粉々にした鉄を
混ぜ合わせたような味。(T_T)

相変わらず個性的な味です。(笑)

ーーーーーーーーーー
早速服を脱いで
まずは内湯で。
泉温は41℃くらい。

あぁ~冷え切った体が
あたたまる~。

外の気温は5℃でしたらから、
余計に気持ちいい。

久々なので、
テンション上がりますね。


そして早速露天へ。

himesyaga1704002.jpg

ってこれ、水風呂やないか。
源泉24℃。
冷たっ!雨降っとるし。


鉄の成分が濃すぎて
温泉の色は、まっ茶っ茶。
いかにも温泉感が出ていますよね。

奥の方からボコボコと
常に音を立てながら
温泉が注がれています。

himesyaga1704004.jpg

上の配管はダミーで
何も注がれていませんでした。

特筆すべきは地下から自噴する源泉が
そのまま湯口の中から投入。

空気に触れることなく新鮮。

himesyaga1704007.jpg

とらは源泉風呂が好きなので、
ありがたいです。


himesyaga1704009.jpg

お風呂を出たあとは、
名物鉱泉粥・鉱泉湯豆腐を頂きました。

飲みづらかった源泉も
料理にすると随分まろやかで
食べやすい味でした。

特に湯豆腐が木綿豆腐らしいのですが、
トロトロで美味しかったです。

ほのかな鉄味程度で、
酸味や炭酸感はありません。
(あったら食えんけど)

himesyaga1704010.jpg

あと、源泉を使った
プリンも気になったので
頼んでみました。

一見普通ですが、
中にあるキャラメルソースと絡めると
濃厚濃厚メッチャウマかったです。




最後に飲泉場で水汲んできて
家でも湯豆腐つくりました。

そこに余ったお湯まで
美味しく頂けましたよ。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

雑記  /  tb: 0  /  cm: 0

松ヶ島温泉共同浴場 

久々の温泉は
三重県の松ヶ島温泉共同浴場
にお邪魔しました。


その名の通り地元民が通われる
温泉ですが、外来も入浴可。


番台に110円という
格安料金を払って
いざ入泉。


すっごくいい温泉。(^^)


成分総計1600mgちょいという
単純温泉ながら
黄褐色で、ほんのり香るモール臭、
そしてややヌメリあり。

加水して42~43度でしょうが
泉質の良さが際立ちますね。


個性バッチリの温泉。
すっかり気に入りました。

そこそこ寒い日でしたが、
あっという間に身体ぽっかぽか。

注意点は営業時間が、
17~20時までの3時間のみ。

石鹸やシャンプーなどはなく
持参が必要。

6人くらい入れば一杯の
浴槽1つだけなので、
譲り合い出来ない人は☓
あまり長湯は向かない。

というところですが、
コスパ最強。オススメ。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

雑記  /  tb: 0  /  cm: 0