10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

とらのエントリー方法

とらのアレンジ手法について

売買判断はシンプルであるということ

スキャルピング
 無裁量、損小暴利の短期トレード。
 1分足スキャルピング

 1分足ブレイクアウト

スイングトレード
 1日5分。たった2つの条件を確認したあと
 予約注文、利益確定注文を入れて待つだけ長期トレード。
 とらのスピード・スイング

 スピード・スイングの特徴

11月3週目 とらのスイング 

ようやく下げの形になって
動き出してきましたね。(^^)

ドル円4時間足
2017-11-15_233417.png
リミットにかかり決済。
約50pipsほどの利益。



スイングでトレードするにも
きちっとトレンドに沿ってから。

エントリーは事実確認ができて
はじめてができるもの。

価格が動き出す根っこから
入るのが損小利大の基本です。



豪ドル円4時間足
2017-11-15_233146.png
事実確認後の売り → 一旦価格が戻されるラインで決済。
100pips超の利益。






ps
真冬の気温に
一気に入ってきましたね。

紅葉のライトアップを見に
久々に一眼カメラ+三脚
のセットでおでかけしました。


風はほぼなかったのが救いでしたが
気温は3度ほどだったか。


出店の豚汁を楽しみに並んでいて
あーやっと次だーと思っていたら
とらの番でまさかの売り切れ。(T_T)


こんなことある!?

と思いつつ
気を取り直しおでんを買って
腹ごしらえ。



17koyo.jpg


ライトアップと言うと
聞こえはいいですが
紅葉の色というよりも
ライトの色ですかね。^^;


家内の希望でしたのであれですが
とらは昼間の3色揃った色を見るほうが
好きですね。

DSC04446_1711.jpg

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

11月2週目 とらのスピード・スイング  

さぁ先週に続いて
ドル円4時間足を
見ていきましょう。(^^)


いやぁ~さすがに
ここまで相場が動きづらいのも
久々じゃないですか?^^;

2017-11-12_033133.png


月曜日には高値を更新してきた!
だとすると上に向かっていくか?


と思いきや・・・


下げてきました。


そして直近は下降トレンドですが
レンジの中の下降であって
すぐ下にはサポートが控えています。


節目節目を狙ってトレード
できなくもないですが
値幅を見ると旨味はありません。
むしろ損切リスクのほうが高いというね。(T_T)


ひとまず112円台に
入ってこないと
次の展開が読めないなぁ~。


ドル円だけでなく
その他の通過も見ているのですが
どれも読みにくいチャートです。
今はパワーの温存期間ですかね。^_^;

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

11月1週目 とらのスピード・スイング 

先週はドル円下げるって
記事を書いたのですが
なかなか下げませんでしたね。(T_T)

20171105122707.png


週足、日足レベルで
レジスタンス付近。
4時間足では安値割れ。


下げる要素は
ほぼほぼ揃った!


だが下がらない・・・


4時間足の113円あたりの
サポートの壁が
なかなか強そうだ。


他の通貨でスキャルでも
と思ったのですが
これまたどの通貨も
チャートがよろしくない。

ほぼ見送りの週に
なってしまいました。トホホ(T_T)


上げ下げの攻防が
長引いていることは
わかったので、
この勝負が付けば一気に動くのでは
と思っています。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

4時間足上昇、月足下落のトレンド関係を押さえる 

先週はいまいちな
相場でしたね~。^_^;


窓開けの相場から始まって
押し目をつけながら
ジワジワ上昇というね。

20171029155956.png


直近4時間足の
トレンドだけ見ると
上げては下がり上げて下がり
を繰り返しつつも上昇。


ただ上昇はしているのですが
どこまで伸びるか
なかなか想像しづらいもの。


直近は上昇なのに
日足でも直近高値が
待ち構えているので
余計に買いづらい。


でも月足で見ると
トレンドラインがきれいに引けて
その間を縫うように
動いているのが見えますよね。

20171029160154.png

俯瞰的に見ると
徐々に高値を切り下げ
安値も切り下げていたのか!
というのがよくわかると思います。



教科書的には
直近のレジスタンスに気をつけつつ
4時間足の押し目買いスタンス継続です

というところでしょうが

正直レジスタンスにぶち当たって
ドバドバーっと売りが入ってくることに
期待したいところですw


もちろん本格的に売っていくには
しっかりと下がります!という
チャートの事実確認は
必要ですけどね。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ

トレンドのおさらい トレードしていい時、ダメな時 

ここ最近はトレード結果ばかりでしたので
一度「トレンドの把握の仕方」というのを
おさらいしたいと思います。


まずは過去の記事でおさらい。
いわゆるダウ理論を使った
トレンドの把握の仕方です。


単一時間足のトレンド


上昇トレンドというのは
高値と安値が切りあがること。


さっきの例ですと
AからCにかけて安値が切り上がり
BからDにかけて高値が切り上がっている状態です。

この「N字の形状」が
継続する限りは上昇トレンド。


そしてトレンドが終了というのが
C(押し目)を下に割る時。


トレンドが崩れ、上昇トレンド終了
というのが一連の流れです。


でもいつもそんな風に
相場はきれいな状態ではないですね。(^^;

安値は切り上がっているけれど
高値は切り下がっている。


旗みたいでペナント
なんて言ったりしますが
一種のレンジ状態ですよね。


こういう時は
方向感がない状態で
トレードしてはいけない時。


じゃ、いつトレードしても
いい状態になるのか。


というのが、
ペナントの形状を
突き破った動きが確認できる時
です。

無題

この図でいうと
赤〇のポイントが確認できたとき。


トレンドは上って
分かるわけですね。

そのあとトレンドの
押し目まで引き付けて
トレードしていく
というのがセオリーです。


どの時間軸でも
通用する考え方です。

方向感がないときに
慌ててトレードしていなかったか
ちょっと確認してみてください。(^^)

その他のスキャルピング手法

⇒継続してブログを続けられているのはひとえに皆さんのクリックのおかげ
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ